【名曲オンリー】初心者におすすめの日本語ラップ4選!Part ③

ラッパー紹介
スポンサーリンク

「日本語ラップのおすすめ曲が知りたい…!」

「まずは定番曲から詳しくなりたい…!」

こんな方におすすめ。

日本語ラップ/hiphopのおすすめ曲4曲、hiphop大好き大学生が厳選します!!

この記事はシリーズ第3弾です。

ではいきましょう!!

FATE / Anarchy

言わずと知れた日本語ラップの最高傑作

壮絶な人生を送ったラッパー・Anarchy(アナーキー)という人間が滲み出る名曲です。

アナーキーは京都府出身、自らをゲットー(元はユダヤ人が強制的に住まわされた居住地区のこと、ここでは「貧困で劣悪な環境」といった意味合い)育ちと堂々と言い、そんな負の一面を見事にラップというアートに昇華した日本最高のアーティスト

「真っ暗な家に慣れた小2

 隣の女の子 泣き声響く

 上じゃ酒飲みの怒鳴り声」

「白い悪魔 博打が手招きパンク

 逃げ道団地 屋上からジャンプ」

もうリリックから分かる、地獄のような環境。

白い悪魔はコカ◯ンのことでしょうか。幻覚を見て屋上からジャンプ…凄まじいですね。

「ボロクソにやられたまったくな今日

 あの時に決めた でっかくなろう

 クソな生活とは別格だろ

 夢を見る誰もが目指す場所」

誰もが希望はある、俺みたいにでっかくなれよ。そう励ましているかのようなリリックです。

落ち込んだ時、少し世の中に希望が見えなくて沈んでいる時。聴いてみて下さい。

////////////////////////// // // //////////////////////////

Take It Easy / WILYWNKA feat. 唾奇

軽快に、世の中と自分たちを皮肉って歌うポジティブソング。

沖縄のと大阪のWILYWNKAのコラボが絶妙です。

「シコティッシュと残りかけのコーラ

 セルフィッシュに転がる靴下」

衝撃的なWILYWNKAの入り。

ここまでストレートに、自分とその生きる世界を嘲るリリックはインパクト絶大です。

「生理二日目の女みたいだな

 さっきのやる気ごと怠惰だ」

「Ah もうどうでもいいぜ

 やれそうな女にいいね」

こちらは唾奇

あくまでストレートに世界をdisり、そんな世界でも気楽に生きようぜとのメッセージ。

曲調も相まって心がスッと軽くなるような一曲です。

All My Homies / ZORN

哀愁たっぷりのトラックに、押韻主義のZORN(ゾーン)が地元愛をこれまでかと歌う名曲。

まずは秀逸すぎるトラック。

最初の3秒だけで「ああ…」と感じてしまうようなエモさ

「全員はいなかった成人式

 その時あいつら接見禁止

 全てが永遠のようで一瞬

 バッズの香りがする青春」


「どっかのホテルの豪華なディナーより

 やっぱり地元のもんじゃ焼き

 なんにもねえのに全部があるから

 どこにもねえだろこんな街」


「今度ライブやっから来い

 成人式やった場所」

韻を織り交ぜ、地元の記憶や思い出の場所を歌い、そこを知らないはずのリスナーでさえも感傷に浸らせる。この高等技術は日本でZornさんしかできません

ゆっくりしたい夜に、ただただ地元を思い出して聴いてみて下さい。

サントラ / Creepy Nuts × 菅田将暉

リリシズムと親しみやすい曲調で大人気のCreepy Nutsと、あの菅田将暉がまさかのコラボ。

誰もが一度は聴いた方がいい名曲です。

今の自分は過去の自分に胸を張れるのか?

本当にこの道でよかったのか?

そんな不安・葛藤を吹き飛ばしてくれる歌です。

「この人生ってやつはつくりばなし

 自分の手で描いて 行くしかない

 あの日でっち上げた 無謀な外側に

 追いついてく物語」


「声を張り上げて 声を震わせて

 目を見開いて 赤い血をたぎらせて

 生々しく書き上げてく

 自分だけの生き方を」

今進んでいる自分の道を信じよう、必死にやればそれが道になる

菅田将暉さんとR指定さんにそう言われたら嫌でも「やろう」という気になります。

R指定さんの韻もいつも通り爆発しているので必見です。

さいごに

心が揺さぶられる名曲を4曲、厳選してみました。

ここからどんどんハマっていっていただければ幸いです。

過去の名曲紹介はこちらから!

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました