PUNPEE|未リリース曲おすすめ2選|歌詞あり|パンピー

ラッパー紹介
スポンサーリンク

言わずと知れた日本語ラップの大御所PUNPEE(パンピー)さん。

遊び心満点でお茶目な彼は、正式に音源化されていない(サブスクなどに上がっていない)ユニークな曲を多数制作しています。

稀代のトラックメイカー・ラッパーとして名を馳せる彼の、サブスクでは聴けない一面を知ってみてはいかがでしょうか!?

おすすめ曲① / Pe Beat jack on “Be”

2015年のりんご音楽祭に参加した時に、のイベントだけのために作ったビートジャック曲

歌詞にもあるように、「イベント用のフリースタイルさえも精を出しちゃう」のがPUNPEEという男。hiphopへの並々ならぬ愛が伝わってきます。

クリックして『Pe』の歌詞を表示

いかにも私がイベント用のフリースタイルさえも
精を出しちゃう 通称“Pe”です。
これはTOKIOから長野までの
長い道のりの暇つぶしのミックステープ
いかんせん 新幹線に乗りたいとか言っちゃう
身勝手な弟は置いといて
ヤバイ友達と先に来たぜ
松本 初上陸の奴らのため
悔いなく蕎麦食う しこたま
今回もsleeperがぐいぐい来るから
MOLE HALL 後夜祭さ
右よし左よし マツモトキヨシで
酔い止め買っとけのみちよし
りんご音楽祭 今回も返事ギリギリさ
あ、やんちゃしたP

Common(コモン)の『Be(Intro)』という曲のビートをジャックし、リリックを乗せています。

ほんわかしていて、勝手に体が動いてしまうようなメロディーが最高ですね。

さて、この『Pe』という曲。

たかだかイベント用の曲ですが、ワクワクしてしまう『PUNPEE節』が相変わらず炸裂しています。

「いかんせん 新幹線に乗りたいとか言っちゃう

 身勝手な弟は置いといて

 ヤバイ友達と先に来たぜ」

PUNPEEさんの実の弟、5lackさん。

2015年のりんご音楽祭には5lackさんも招待されていました。

そんな、新幹線に乗りたいと言っていた5lackさんを無視してGAPPERさんとかと一緒に先に長野に行ったのでしょうか。なんか兄弟っぽくて温かいですね。笑

「今回もsleeperがぐいぐい来るから

 MOLE HALL 後夜祭さ」

sleeperは、りんご音楽祭を主催している『DJ Sleeper』さんのこと。

MOLE HOLEは、りんご音楽祭の前夜祭、中夜祭、後夜祭が行われる場所。

「盛り上げにきちゃったよ〜〜〜」みたいな緩い雰囲気でここまで盛り上げちゃうからかっこいいんですよね。笑

弟の5lackさんとフィーチャリングした楽曲の紹介記事はこちら。2020年、僕が最も良く聴いた曲です。

100倍楽しい日本語ラップ名曲紹介・考察|Wonder Wall / PUNPEE feat. 5lack

////////////////////////// // // //////////////////////////

おすすめ曲② / お隣さんより凡人 MIXver.

2008年のSEEDAとDJ ISSOコンピレーションアルバム『Concrete Green』に収録された、『お隣さんより凡人』という曲のMIXバージョンです。

『お隣さんより凡人』原曲

『お隣さんより凡人』MIXバージョン

こちらも先程の『Pe』と同じくビーチジャックという形になっています。

今回のビートジャック元は、一曲目がSquare Oneさんの『State of the Art』、二曲目がSTUTSさんの『Renaissance』。

お隣さんより凡人 MIXバージョン』では、前半はState of the Artのシリアスな雰囲気でPUNPEEさんが淡々とラップを乗せ、後半はRenaissanceビートでコミカルさを演出しています。

ビートの受け幅が広すぎるからこそこんな芸当ができるんでしょうね…すごい。

クリックして『お隣さんより凡人』の歌詞を表示

お隣さんみたいに安心
でもお隣さん以上に凡人

僕PUNPEE ナチュラル凡人
実家住まい 暮らす板橋
気晴らしにHIPHOP活動
片手間 夢遊病でIt’s like that yo
UMBでたまたま優勝
好都合に変える将来の展望
音楽で飯が食えるかも ママ
だからもうちょっとね このまま
Honeyとの共同生活も
気が変わったからちょっとタンマ
25過ぎた後の就職活動も
気が変わったからちょっとタンマ
緑の多い庭付きマンション都内近郊
駐車場 赤のゴルフ 駅から徒歩五分
じゃ実家出れるわけないし
彼女の実家にも行けません

お隣さんみたいに安心
でもお隣さん以上に凡人
お隣さんみたいに安心
でもお隣さん以上に凡人

僕PUNPEE そう呼ぶな
名前が俺を選んだんだ
ボンボンの予備軍は先を見ず
ボンボンよりコロコロよく見る
パラサイトでも元気なパラサイト
オタクでもかっこいいオタクだ
また逃げ場 探し回るあの虫
俺つまり すねかじり虫
両親への借金返済も
気が変わったからちょっとタンマ
年金入金 Payする日も
気が変わったからちょっとタンマ
Beat makeさいきげ Busyな凡人
時給換算じゃこれっぽっちなら
カエルの子はカエルなら
他の奴より遠くへ飛びたいなのだ

お隣さんみたいに安心
でもお隣さん以上に凡人
お隣さんみたいに安心
でもお隣さん以上に凡人

さて、この『お隣さんより凡人』は、PUNPEEという『一般人』を表すその名前の通り、自分を飾り立てずありのままを歌っている名曲です。

「僕PUNPEE ナチュラル凡人

 実家住まい 暮らす板橋

 気晴らしにHIPHOP活動

 片手間 夢遊病でIt’s like that yo」

1バース目からこの曲のスタンスが伝わってきますね。

実家に住んで(現在は違いますが)、片手間にヒップホップ活動している、どこにでもいるような青年ですと。

「パラサイトでも元気なパラサイト

 オタクでもかっこいいオタクだ

 また逃げ場 探し回るあの虫

 俺つまり すねかじり虫

 両親への借金返済も

 気が変わったからちょっとタンマ

 年金入金 Payする日も

 気が変わったからちょっとタンマ」

ここ、圧巻です。

確かに一般人で脛かじり虫でオタクでも、かっこいい方のヤツだ。

でも「ちょっとタンマ」を多用する、どうしようもない息子ですと。

等身大ってこのことでしょう。

「カエルの子はカエルなら

 他の奴より遠くへ飛びたいなのだ」

最後に、どうせなら高く飛んでやろうと、緩やかに意思を宣言して締めくくります。

天晴れ。。

今となっては超有名なPUNPEEさんですが、未発表の楽曲でもこんな素晴らしいものがあります。ぜひ気に入ったら聴いてみてください〜!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました